読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー見ながら思ったこと

昔戦術ブログとかやってましたが、疲れたので、脱力して書いていきたいです

シンガポール戦雑感

www.soccer-king.jp

  • 結果はアレだが内容は良いという、まあ煮え切らないチームにありがちなやつの極端バージョンっぽい。

  • 特に内容が良いなって思うのは、中央を固めてくる相手に対して、セオリー通りのサイド攻撃一辺倒になるのじゃなくて、スピードとスキルで中央割っていくシーンが何回かあったのがよかった。

  • 無論、セオリーどおりに、サイドから抉っていくような攻撃もあり、クロス主体になったり、あと後ろから一発で長いボールを入れるような攻撃も結構あったけど、ありがちな、無闇矢鱈な放り込みサッカーにはならず、ちゃんと繋げてたし。

  • だから何が言いたいのかよくわからん早野さんが言うほどには悪くなかったとは思うんだよな コメントしづらい試合ではあるけど。

  • 川又って必要かな〜と思ってたけど、今日何かはいたら何か違ったかもですね。

  • W杯予選〜W杯本戦の一連の流れを見てて毎回思うのは、日本は対アジアとW杯でチームとして求められることが180度違うっていうのはつらいですね。W杯本戦では、逆に日本が今日のシンガポールのような戦いをしないといけなくなるし。

  • あれ、でもハリルホジッチってそういうのが得意っていう触れ込みでしたよね…。

  • まあでも、ああいう時って監督は何したらいいんだろうな…。

  • それが奏功したかどうかはともかく、今日のハリルホジッチ采配は面白かった。

  • スタート4−2−3−1っぽくセットしたかと思うと、4−1−2−3っぽくなってる時間帯も多かったし。

  • かと思えば、トップ下香川外してCF大迫をぶちこんだりしてね。早野は4−4−2ですねえとか言ってたけどあれは違う。コンテ(現イタリア代表監督)がシエナやユーヴェを率いていた頃の初期にやってた、4−2−4とかいう鬼フォーメーションだ。まさかあれを日本で見れるとは。

  • しかもその後にはボランチ柴崎を抜いてMF原口元気を投入。4−1−5とかいう異様なフォーメーションとも捉えられそうな4−1−4−1だか4−1−3−2だかに移行。

  • ただあの状況で、スペースで受けられる数少ない選手だった香川と、独力での打開力の高い宇佐美を抜くのが正解なのかどうか。確かに香川は味方に見つけてもらえないという状態だったし、宇佐美は明らかにフィジカルコンディションがめちゃくちゃ悪かったけど。ただなー、じゃあ他に誰変えるのってなったら微妙で、本田はどんどん中に入りすぎていたとはいえめちゃくちゃフィニッシュに絡みまくてったし、フィニッシュに関して言えば日本で岡崎より何かしてくれそうな感ある選手もいないし。

  • ハリルホジッチの誤算

    • その1:宇佐美のコンディションが思っていたより悪かった。宇佐美の特性として、多少の数的不利でもシュートまで持っていけるというのがある。それには2パターンあって、まずドリブルで仕掛けるモーションのままで抜ききらないままのシュート、もう一つがヴァイタルでフリーになればミドルを突き刺せること。特に後者なんかは、ガチガチに引いてくる相手には有効で、ペップバルサ時代にヴィジャがヴァイタルの一瞬で何回もチームを救ってたあのプレー。それが今回は全然決まらなかった。

    • その2:周りが香川を使う意識が低かった。彼らしく上手く相手の隙間に入っているのにそこにパスが入らない。もしかすると遠藤ならちゃんとそこに入れられたのかも。でもこれは割とチームとして結構マズい状態だと思うなあ。香川の特性なんてもうあのメンバーならみんなほとんど知ってるだろうにそこに入れないってことは、なんか良くない流れみたいなのあるかもしれないよね。

    • その3:両ウィンガーがスタートポジションから中にいすぎる。ホンディが全然サイドに張ってくれない。宇佐美も最初はちゃんとサイドに貼ってたけど、結局ホンディに釣られて中にワチャワチャしにいってしまう。

    • その4:これが一番重要。これら誤算1〜3を放置してもどんどんフィニッシュまで行ってしまうので監督としては結構困ってしまう。しかもフィニッシュにまではちゃんと行くのに全然ゴールには入らない。冒頭でリンク貼った、僕こんなん初めてやし何言うたらわからんっていうのもまさにこの状況をしてっていうコメントなんじゃないかな。

  • 結論

     日本代表には澤が必要